【木質廃材処理プラント例】
木質バイオマス燃料用チップ生産設備

廃棄物として扱われていた製材の端材、山林に放置されたままになっていた 間伐材、
及び建設廃材など、年間2万2500トンの木材を受け入れ、
セメント焼成用の石炭代替燃料としてサーマルリサイクルします。

石炭使用量を減らすことができ、CO排出抑制につながり、
焼却処理による副産物の発生がないため最終処分場の延命効果も期待でき、
間伐材の有効利用と健全な森林育成にも有効となります。


Tセメント会社 大分県津久見工場 木質バイオマス利用施設プラント 全景

Tセメント会社 大分県津久見工場殿 プロセスフロー (↓フロー各部の写真が出ます。絵をクリックして下さい。)
T社 木質バイオマス利用施設プラント フロー

処理物写真へ 二軸解砕機へ投入写真へ 二軸解砕機『バリラ』写真へ 1次破砕チップ写真へ 2次破砕機投入コンベヤ写真へ 2次破砕機写真へ ロータリスクリーン写真へ スクリーンからチップヤードの写真へ チップヤードへの写真へ 製品チップ写真へ
各機種ページへ
二軸解砕機 『 バリラ 』

木質破砕機 『 SP型 シュレッダ 』

スクリーン 『 VR型 ロータリスクリーン 』



『納入実例のインデックス』 へ 『木質廃材処理 納入実例』の次頁へ