【木質バイオマス燃料用チップ生産プラント例】

木質バイオマス燃料用チップ生産設備

  • 東北地方に設置された、バイオマス(生物資源)発電用の燃料用木質チップを生産する設備です。
    木質チップ生産には、間伐材などの原木(土砂、異物の少ないもの)は、フジ・キングチッパで切削され、
    曲がり材や端コロ、枝葉のある材、及び スクリーンでリターン分級されるオーバーサイズの木質チップは、ウッドホッガー(ナイフ式)にて 切削処理され、燃料用木質チップとして 隣接する発電設備に供給されます。

  • フジ・キングチッパに原木を供給する設備として、振動コンベアを採用することにより、材に付着する土砂分を振い落とし、土砂によるチッパナイフの早期摩耗を軽減させます。

  • 分級用のロータリ・スクリーンは、清掃、保守を容易に行うため 上段デッキにはスクリーンが8分割されて、蝶番により観音開きで閉開可能な構造(PAT.P.)です。
岩手県 I 社
木質バイオマス発電用チップ生産設備 ウッド・ホッガー キング・チッパ 振動コンベア ロータリ・スクリーン
プラント構成主要機器類 (主要設備の名称,絵をクリックすると,関連ページを ご覧頂けます。
チッププラント 振動コンベア 振動コンベア 振動コンベア 振動コンベア ウッドホッガー ウッドホッガー フジ・キングチッパ フジ・キングチッパ ロータリ・スクリーン ロータリ・スクリーン
各機種ページへ
ウッドホッガー 『 ウッドホッガー 』
振動コンベア 『 振動コンベア 』
キングチッパ 『 キングチッパ 』
スクリーン     『 VR型 ロータリスクリーン 』

『納入実例のインデックス』 へ 『木質バイオマス燃料用チップ生産設備
納入実例』 の次頁へ